BBクリームの体験談を集めてみました

 

ここではBBクリームを単体で実際に使用している方の体験談を集めてみました!

 

メリットやデメリットなどがわかるので気になる方は、チェックしておきましょう。

 

今人気のbb&ccクリームはこちら

 

 

 

 

BBクリームの体験談 

 

キレイに仕上げるコツ 35歳

 

BBクリームを使いだしたきっかけとしては「メイクの手間と時間を省きたい」ということでしたが、使ってみると本当に楽で時短になりました。
BBクリームだけだとちょっとベタベタしてしまうことがあるので仕上げにパウダーを叩いていますが、それだけでベースメイクは終了です。

 

簡単に時短できる点は満足ですが、テクスチャが固くて乾燥しやすいBBクリームを使っていると顔に乗せて伸ばす時に急がないと固まってしまうことがあるので、手早く指やスポンジで伸ばしてメイクすることがキレイに仕上げるコツです。

 

一年を通して使ってみましたが、私は顔に油が出やすいので夏はちょっと重いかなと感じました。汗をかきやすい体質の人は涼しい時期に使うと良いと思います。

 

うっすらBBクリームを塗っただけでも 30歳

私が初めてBBクリームを使用したのは急なお泊りの日に、いつも使用しているファンデーションを自宅に忘れてしまい、コンビニで購入したのがきっかけです。BBクリームの機能性は知っていたものの、「肌がきれいになる!」などという期待はしていませんでした。

 

しかし、いざ使ってみると…ビックリ!毛穴レスになるくらい、カバー力が抜群だったのです。ほんのちょっとの量でもとてもよく伸びるので、1本で半年以上持ちました。コスパも抜群で時短メイクにもなり、嬉しい限り…と言いたいところですが、やっぱりデメリットもありました。

 

うっすらBBクリームを塗っただけでも、見事な陶器肌。その肌の上に、透明感を出すため、仕上げにパール入りのパウダーを塗ると、どうしても厚塗りに見えてしまうんです。商品によるのかもしれませんが、ナチュラル素肌に見せるためにクリームの量や塗り方を自分なりに工夫する必要はあると思います。

 

あとは、BBクリームは普通のファンデーションに比べて、色展開が少ないので「自分の肌に合うのか」がわからないまま購入せざるを得ないデメリットもあると思います。実際、私が購入するときも2色の中から、自分の肌に近いほうを選びましたが、それでも地肌より濃く見えました。

 

塗ってみると、やはり少し濃かったのです。でも、捨てるのは忍びない…。そのため、近所に出かけるときはBBクリーム、仕事のときは普通のファンデーションと上手く使い分けをしています。

 

 

少量でも伸びがよく、コスパが高い 31歳

 

下地やコンシーラー、ファンデーション、日焼け止めにもなり、B.Bクリームを使用すればメイク時間が短縮出来ると思い購入しました。
カバー力があるので、肌荒れや赤みを消すのにとても重宝しました。

 

しかし、その分白浮きしやすく、ベタついた仕上がりになるのが好みではなく、必ず仕上げにフェイスパウダーが必要でした。保湿力も高いとうたっているB.Bクリームも多いですが、ベタつく割にはすぐに乾燥してしまうので、冬場は使用するのをやめました。

 

様々なメーカーが出していましたが、やはり値段が割と高めのものの方がより使用感の良さがあった気がします。とはいえ、一本で何役にもなり、少量でも伸びがよく、コスパが高いのも良かったです。

 

手軽に使えて時間もかからない 39歳

 

独身の頃、どこか外へ出る時や人っと会う時には必ず化粧をしていました。
特に外出する用事がない時でも、急に予定が変わるかもしれないし、家に人が来るかもしれないと思い化粧をすることも多かったです。

 

けれど、結婚してからというものそれまで化粧にかけていたような時間が思うように取れなくなってしまいました。
朝顔を洗ってスキンケアにのんびり時間をかけていたのが、
結婚してからは家の用事や子供の用事でそんなのんびり出来る時間はありません。

 

それでもやはり外出時には多少は気を使わなければいけないな、と思いBBクリームを使用してみました。
さっと伸ばすだけで顔色がパッと明るくなって、何もしないスッピン状態と比べるとかなりの差があります。
手軽に使えて時間もかからず、それでいて変な仕上がりにならないBBクリームは主婦にとってはありがたい存在です。

 

 

全ての機能が完璧に揃っているというわけではない 38歳

 

BBクリームが流行り始めた時に、たまたま父が韓国土産で買ってきてくれのがきっかけで使い始めました。つけた感じは少し水っぽくアッサリしいてこれだけでは物足りないと思い、主に下地として使っていました。でも休みの時などのちょっとした買い物のときみたいにスッピンはダメだけどフルメイクはちょっと、という時にBBクリームさえ塗れば気軽に外へ出れるので便利でした。

 

最近は美容液をベースにしたものも出ていて肌に優しくカバー力も増しているのでほとんどこれ1本あれば安心というレベルだと思います。それでも全ての機能が完璧に揃っているというわけではないと思うので、足りないものは下地やパウダーで調節すればどんな時にも使えるの手放せないアイテムだと思います。

 

 

BBクリームのカバー力の高さ、そして化粧が一気に楽になる 25歳

 

高校生くらいから化粧をし始めたのですが、その頃はあまり下地やファンデーションに特に力を入れておらず、アイメイク道具ばかり揃えていました。でもだんだん年齢がかさあんるにつれて、肌のくすみやちょっとしたニキビ痕などが気になるようになってきました。そこでようやくベースメイク道具について調べ始めました。

 

化粧に関して凄く疎かったので、まずCCクリーム・BBクリーム・フィニッシュパウダーなどなど、塗る順番や用途ごとの使い分けからわからない状態から学んでいき、何より実践するのが早いかなと感じたため早速使い始めてみると、BBクリームのカバー力の高さ、そして化粧が一気に楽になることに驚きました。

 

それまで日焼け止め、リキッドファンデーション、コンシーラー、パウダーファンデーションをそれぞれ使用していたのですが、BBクリーム一本でそれらの仕事がまかなえてしまいます。これまでの化粧、損していたかもしれない、と今では思いますし、手放せない相棒になりました。